2008年05月31日

ザ・チェーンソー・スラッシャー -悪魔のいけにえ-

>ハンパなし!


ザ・チェーンソー・スラッシャー

-悪夢のいけにえ-


原題:SLASHER

スラッシャー.jpg

製作年:2007年 製作国:ドイツ 80分
監督: フランク・W・モンタグ
出演:クリスティアーヌ・イムダール、ピア・デ・ビューア、クリスティアン・ストック
   セバスティアン・バデンベルグ、ミヒャエル・アイゼンブアガー

【ストーリー】

森の中のキャンプ場に遊びに来たカップルたちが、
チェーンソーを持った男に惨殺される事件が相次いでいた。
大学生のエリンは女友達や彼女のボーイフレンドとそのキャンプ場へとやって来る。
楽しい時を過ごすはずが、その夜、突然現れた謎の殺人鬼によって地獄と化してしまう。

【感想】

前回のレビューは約2ヶ月ぶり、今回は前回から約3ヶ月ぶりの記事更新です(^^;
約5ヶ月で記事2つって、本当にどんだけほったらかしにしてるんでしょうか(笑)

と言う事で、久しぶりにB級映画のレビューをしたいと思います。

今回は久しぶりなので一番最近観たB級映画の感想です。

タイトルは「ザ・チェーンソー・スラッシャー -悪魔のいけにえ-」。
う〜ん、とってもB級映画らしい香ばしい臭いがプンプンするタイトルですねぇ。

原題はシンプルにスラッシャーなのですが、
この作品に出てくる殺人鬼がチェーンソーを持っているってだけで、
思いっきり「悪魔のいけにえ」からいろんなものをリスペクト、いや、パクってますね(笑)
っていうかタイトルのそのまま「悪魔のいけにえ」なんて付けちゃってますし(^^;

本家の完成度は並ならないものがありますが、この作品の完成度は恐ろしく低いです(笑)

物語は森の奥のキャンプ場に来た若者たちが猟奇殺人鬼に次々と殺されていくって感じです。



なんのヒネリもありません(笑)



いかにもな若者たちがいかにもな感じに殺されちゃいます。

一応主人公は大学生で犯罪学(?)を勉強しているらしく、
今回の殺人鬼がどんな奴なのかも最初に説明があります。
まぁ、その後に何の影響も及ぼしませんが(笑)

そしてその殺人鬼はチェーンソーを持ったメタボ男なのですが、
かぶっている仮面は主人公たちが持ってきた、ちゃっちい仮面を拝借してかぶってるし、
メタボなだけに走るの遅いし、主人公を追いかけまわす時も、
道があいているのに、わざわざ枝が張っているところをチェーンソーで切って道を作ってるし、
何故か夜に追いかけ始めてから、朝を向かえ、そしてあっという間に日が暮れても、
同じテンションと同じ速度で追いかけ回していて、
もう、どんだけお粗末な展開なのでしょうか(笑)

前半から後半までは、よくある定番な展開が続くのでちょっとダレます。
惨殺シーンも予算の都合上見せません。
叫ぶ若者のアップ→チェーンソーのアップ→血が飛び散るところのみ写す→若者の死に顔、
ってな感じです。

終盤に以外な人が意外な人と繋がっている事が分かりますが、
その設定もあまり活かされておりません(笑)

そして、さらにそれを上回る意外な結末がラストに待っているのですが・・・・

スミマセン、1歳児の息子が突然泣きながら起きたので、
セリフがまったく聴こえませんでした(^^;

巻き戻し(ビデオじゃないから違うか)すれば良かったんですが、
流石に深夜に観ていたので、巻き戻す気力がありませんでした(^^;
なのでレビューを書いた割にはちゃんと観てません(笑)

きっと何の伏線もない、いきなりポッと出てきた驚愕のラストなのだと推測します(笑)

もう、典型的なB級ホラーです。

ドイツ映画なだけに思いっきりグロ度が高い作品かと期待して観ましたが、
グロ度はそれほどでもなく(殺戮シーンが写ってないから当たり前ですが)、
内容もお粗末君で、主人公の女性も美形ではありません(^^;

この作品で何が良かったのかと考えると・・・



ないっすね(爆)



DVDパッケージのようなシーンはまったくなかったですし。

ほのかな期待をして観た自分が悪かったです。


ちょっと反省。


と言う事で、“B級映画にほのかな期待をしてはいけない”という教訓を、
あらためて教えて頂けた作品となりました。


そこは、“ためになったね〜♪ ためになったよ〜♪”(もう中学生風)


この作品はオススメできるか、できないかと言われると・・・

自信を持ってオススメできません(笑)


“B級”度★★★★☆(5点満点中4点)

評価★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(10点満点中 1点)



<DVD情報>

ザ・チェーンソー・スラッシャー-悪夢のいけにえ-




2007年11月25日

レスト・ストップ デッドアヘッド

全米大反響!ノンストップ・パニックホラー!R-15指定!


レストストップデッドアヘッド
原題:REST STOP

12345.jpg製作年:2006年 製作国:アメリカ 85分
監督:ジョン・シャイバン
出演:ジェイミー・アレクサンダー、ジョーイ・メンディジーノ、
   ダイアン・サリンジャー







【ストーリー】

ボーイフレンドと共に家出をした女性が、
旅の途中で立ち寄ったレストストップで悪夢のような体験をするサスペンスホラー。

【感想】

ワーナー・ホーム・ビデオが放つ新レーベル“ワーナー・プラス”の作品です。
DVDオンリーの作品みたいですね。

B級映画にも関わらず、なんとワーナー作品!!
なんて贅沢なんでしょうか(笑)

ワーナー作品だけあってB級映画なのに以外にもしっかりした内容でちょっぴり驚愕(笑)
しかし、B級はB級(^^
物語は良いのですが、やりたい事が多いのか、楽しく作りすぎて忘れてしまったのか、
沢山の謎が謎のままで終わっちゃいます(^^;

ボーイフレンドと家出をして旅に出た女性が、道中異常な車と遭遇してしまいます。
その後、途中の人気の無いレストストップに立ち寄った彼女はトイレに行っている間に、
ボーイフレンドが車ごといなくなっていることに気がつきます。
途方に暮れる彼女・・・そして彼女はレストストップで恐怖のどん底に突き落とされます。

っと序盤の内容を書くと良くある巻き込まれ方ホラー映画って感じですが、
本当にそのまま巻き込まれ方ホラー映画です(笑)

しかし、物語の展開には多くの謎が出てきます。
変てこな家族、いつの間にか登場する女性や警察官・・・
以外や以外、この後どうなるのだろう?と期待を胸に映画に釘付けでした。

そしていよいよ登場の殺人鬼!!
これがまたこの系統に良く出てくるお馴染みの殺人鬼じゃないですかっ!!

そしてここからも良くある展開の主人公と殺人鬼の必死の攻防戦!!

そして物語はラストへ突入!!
これは新しい展開で普通とは違った終わり方をするのでは!?
いや、ここまできたら王道でも良いから普通に終わってくれぇ〜
と言う願いも空しく謎をいっぱい残して劇終(笑)

うーん、やっぱり勢いで作ったのか(^^;

ただ、ホラー映画としての展開や構成はしっかりとおさえていて、
王道のB級ホラーとして安心して観る事ができました。

ハズレる事が多いB級ホラー映画の中ではかなりの上位ランクに入る作品ですね。
ツッコミどころ満載なのですが、それなりに楽しめる作品です。

B級ホラーで失敗し続けている方にはオススメです(^^
是非ツッコミながら観て下さいね(笑)



“B級”度★★★★☆(5点満点中4点)

評価★★★★☆☆☆☆☆☆(10点満点中 4点)



<DVD情報>

レストストップ デッドアヘッド 無修正版



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。